薄毛の治療とは

 

 

薄毛の治療とは

「薄毛の治療とは」

最近テレビや広告などでも薄毛治療がPRされていますが、厳密には治療法は確立されていないのです。 ただ、部分的に効果があったり、個人差によって効果がでる場合もあります。 

 

CMでやっている治療法でも、生活リズムを整えたりするなど実は地味な改善法をベースにしていたりします。 そう考えると、予防の時点で頭髪に良いことを取り入れるのはとてもコスパが良い方法と出でるでしょう。

 

また、予防法というのは治療の前だけで無く治療中や治療後でも効果があります。 気になりだしたら早めに心がけるのが大切です。 極論を言ってしまえば、ホームレスにハゲがいないと言われるように、ある条件では髪の毛がフサフサだったりするわけです。

 

ちなみに最近多いと言われるのは、急に頭頂部あたりの薄さをきにしてシャワーや寝床の抜け毛を過剰に気にしてしまうことです。 健康な人でも毎日100本は抜けるそうですが、気になりだしたらどんどん抜けていくように感じてしまうんですね。

もちろん進行している場合は、皮膚科でのAGA治療が発達しているので、専門のクリニックに相談するのが良いでしょう。 私の場合、プロペシアをくれ!と言ったのですが、気にしすぎだからやらなくていい、と返されました(笑)

 

ほかにもサプリメントもありますが、劇的に抜け毛が減るというわけでは無く、効果も3か月後くらいから徐々に・・・ という場合が多いそうです。 まぁサプリメントで効果ばつぐんだとしたら、医療行為として確立しているはずですからね。

 

多くの場合は、頭皮が傷んでしまっているので、健康な状態に戻すだけでも時間がかかります。 ならば、予防的に日常から頭皮の状態を健康に保つようにしましょう。 

 

まぁ男性ならM字になるのも珍しくないので、加齢と共に頭髪が薄くなるものです。 ただ、年齢的に若い場合は、男性としての魅力にもかかわることですので、心がけていて損はないでしょうね。